交通事故の慰謝料の相場は?

交通事故の慰謝料の相場の考え方はいくつか存在します。
まず、保険の種類によって相場の計算の仕方が異なります。
日本国内で自動車を購入したときには、将来的なトラブルを想定して最低限の補償を行うことができる自賠責保険という保険に加入しなくてはいけない義務が存在します。
自賠責保険での支払いは一律に決められていますので、その基準を元に慰謝料金額も決められます。
一方で、自発的に加入する民間の保険会社の慰謝料金額には立場によって考え方が異なっています。
まず、保険会社の立場としてです。基本的に、保険会社は自社にとって有利となるように保険の金額を計算することになりますので、
通常で考えられる相場よりも低い相場で慰謝料金額を計算します。
これは、民間の保険会社の基準とし定着しています。
反対に、被害者側が慰謝料を請求するときの立場もありますので、この立場からも基準は異なります。
被害者側からすると、保険会社の基準は不当に低い相場で慰謝料を提示する行為に他なりませんので、より高い金額を求めて争っていくことになります。

このときに参考にするのが、過去の裁判例などです。
過去にあった判例を参考にすれば、法律的にはこれが適正な金額として請求することができるようになります。
主に、これは被害者やその代理人となる弁護士の立場から慰謝料を請求することになりますので、弁護士基準という名称で親しまれています。
保険会社の基準や弁護士基準に明確な正解は存在しません。

どちらの主張も自分たちにとって有利になるように請求していますので、最終的な判断は同人同士の同意によって成り立ちます。
どうしてもお互いが納得できないときには、裁判所にどちらが正しい請求額なのかを決めてもらうことになるのです。
そもそも、交通事故というのはそれぞれのケースで全く状況が異なっています。
すべての状況を一律に判断することができませんので、双方の立場で慰謝料を考えることが大切になるのです。
交通事故 弁護士 神戸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です