iphoneが熱くなる原因

スマートフォンはまるで雑貨や日用品のような見た目をしています。
よい意味で機械らしさがありません。
操作性も家電やゲーム機のそれに近く、機械操作が苦手な女性や年配の方でも安心して使えるのがメリットです。
ただ表面こそ可愛い雑貨風のデザインですが、ケースの下はかなりの精密機器です。
電子機器と精密部品がぎっしりと詰まっており、平均的なデスクトップパソコンよりもデリケートな製品となります。

実際に平均的なパソコンよりも処理能力が優れており、様々なアプリを同時に素早く稼働させられるのがiphoneの利点です。その一方で他の機械製品同様にフル稼働させ続けると、内部の部品が熱を帯びます。iphoneが熱くなる原因で一番多いのはフルパワーを出す事による発熱です。車なども高速で走らせると、エンジンの負荷がかかり、大きな稼働音が出ます。

特に最近は高画質なゲームアプリや随時オンライン通信をする地図アプリや位置情報を活用したモンスター捕獲アプリなどが流行っています。複数の高負荷アプリを同時に稼働させると流石のハイスペックなiphoneも、CPUとメモリの消費が激しくなり、本体が熱くなっていきます。アプリをいくつか終了させたり、ゲームのオンライン対戦などを終了させれば発熱は緩和されます。

アプリの複数操作で本体が熱を帯びるのは言わば自然な事であり、その後は普通の温度に戻りますので神経質になる必要はありません。一方で気を付けたいのが、ケースによる発熱です。分厚い革やシリコン製のケースに入れておくと、iphoneが常に温かい状態になり、本体から出る熱を発散する事が出来なくなります。夏場などに分厚いケースを使い、なおかつ負荷の高いアプリを複数起動し続けると、iphoneが自身の熱で壊れてしまいます。

そう簡単に壊れる事はありませんが悪条件が重なるとiphone修理が必要です。夏場は特に要注意であり、その時期だけでもケースを「衣替え」してみるのも良いかもしれません。
iphone修理 札幌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です