iphoneの修理の仕方とは

iphoneは精密機器なので利用しているとしばしば不具合が生じることがありますが、その時修理に出す方法としてメーカーに出す方法と非正規のショップに出す方法があります。この2つの方法には両方ともそれぞれメリットがあります。メーカーに出す場合は、保証制度を利用することによってリーズナブルな価格でなおせます。

一方で非正規のショップに出すメリットとして料金が安いと言うメリットが挙げられます。メーカーに出す場合、保証が効かない場合は料金が非常に高くなることが多くありますが、その店街のショップでは料金面で大きなメリットが感じられます。

iPhoneは新品でキャリアショップやメーカー直売店などで購入した場合、1年間の製品保証が付いてきます。また料金をプラスすることによってその保証を1年プラスすることができます。そのサービスを利用することで、画面が破損してしまった場合や水没させてしまった時などに通常の料金よりも安く直してもらうことができます。

非正規のショップで修理をした場合は、料金的にはメーカーに出した場合の半額かそれ以下で修理することができますがその後メーカー修理に出しても対応してもらえなくなることがありますので注意が必要です。iPhoneに不具合が起こった場合、毎回非正規のショップに出すのであれば料金面を重視する方には最適な方法と言えるでしょう。しかし、での保証が受けられなくなると困る方や延長保証に入っている方はメーカーに依頼したほうがお得なケースもあります。

アイフォンを正規のショップから購入した場合は、キャリアの窓口に持っていくかオンラインから修理の予約をします。非正規店で修理をする場合にも、直接ショップに持っていくか事前にメールや電話、ウェブ上から予約をしておくと待たされずに済みます。日世紀のショップの場合、軽微な故障では15分程度で直してもらえるケースもあります。料金についてはショップによっても異なります。